このページでは、韓国映画「シラノ恋愛操作団」に関する情報を紹介しています。

2010年 韓国映画「シラノ恋愛操作団」 監督・演出:キム・ヒョンソク

  • あらすじ:演劇俳優ビョンフン(オム・テウン)は小劇場で活動をしていたが資金不足で継続できず、仲間のミニョン(パク・シネ)達と仕方なく恋愛エージェンシー‘シラノ恋愛操作団’を運営する。恋愛に苦手な人々に代わりに成就させる恋愛エージェント。時には映画撮影顔負けのロケーション、完璧に仕組んだ脚本で依頼人の恋愛を成就。ある日、スペックは最高だが恋愛はまるでダメという若いファンドマネージャー、サンヨン(チェ・ダニエル)が、ビョンフンの元に訪ねて依頼する。彼が恋に落ちた相手は、考えが読めないが愛くるしい美貌のヒジュン(イ・ミンジョン)。しかし、彼女のプロフィールを見た瞬間、ビョンフンは戸惑う・・・