このページでは、韓国ドラマ「パダムパダム~彼と彼女の心拍音」に関する情報を紹介しています。

2011年 韓国ドラマ「パダムパダム~彼と彼女の心拍音」 監督・演出:キム・ギュテ

  • あらすじ:19歳の時に殺人の罪を着せられ、約16年服役していたガンチル(チョン・ウソン)は、自分を天使だと信じている刑務所仲間のグクス(キム・ボム)とともに仮出所する。久々に外の世界を楽しむガンチルは地下鉄で出会ったジナに痴漢だと勘違いされてしまう。その後、ジナが運転する車に偶然はねられたガンチルは、運ばれた病院で肝臓ガンが見つかるが、その事実を知らないまま刑務所へと戻っていく。 いよいよ出所が迫る中、ガンチルの出所を邪魔しようとする囚人とケンカが勃発。ケンカを止めに入った看守長を誤って死なせてしまったガンチルは、死刑を宣告されてしまう。しかし死刑が執行された瞬間、時間が一気に過去へとさかのぼる。ガンチルは事故に遭って病院で目覚める場面へと戻っていた。戸惑うガンチルにグクスは「あと2回奇跡が起こる」と予言する・・・