このページでは、韓国映画「ホワイト~呪いのメロディー」に関する情報を紹介しています。

2011年 韓国映画「ホワイト~呪いのメロディー」 監督・演出:キム・ゴク、キム・ソン

  • あらすじ:K-POPアイドル「ピンク・ドールズ」は、4人組のガールズグループ。メンバーは、バックダンサー出身だがリーダーで最年長のウンジュ(ハム・ウンジョン)、高音が苦手なボーカルのジェニー(チン・セヨン)、美容整形を繰り返すアラン(チェ・アラ)、ラップとダンスが得意なシンジ(メイダニ)。デビューはしたものの今一つ人気が出ず、共同生活をしながらハードな練習に明け暮れる日々が続いていた。ある日、ウンジュが事務所で古いテープを見つける・・・