このページでは、韓国映画「ホームランが聞こえた夏」に関する情報を紹介しています。

2011年 韓国映画「ホームランが聞こえた夏」 監督・演出:カン・ウソク

  • あらすじ:中学時代、天才ピッチャーと称されながら、試合中に突然聴覚を失ったミョンジェは、聴覚障害者学校へ転校、二度と野球はしないと誓う。その高校にも野球部はあったが、部員はわずか10人、ハンディもあって中学生と同レベルの弱小チームだった。 ある日、暴行事件を起こして謹慎処分になった国民的スター投手キム・サンナムが野球部のコーチとしてやってくる・・・