このページでは、韓国映画「ポエトリー」に関する情報を紹介しています。

2010年 韓国映画「ポエトリー~アグネスの詩」 監督・演出:イ・チャンドン

  • あらすじ:遠く釜山で働く娘の代わりに中学生の孫息子を育てている初老の女性ミジャ。たまたま通りがかりに詩作教室を見つけ、詩を書いてみたいと思い立つ。だが、花鳥風月を眺めては美しい言葉を探す穏やかな日々に飛び込んできたのは、あまりにも厳しい現実。自分がアルツハイマーの初期症状にあること。孫息子が、少し前に自殺した少女アグネスの事件にかかわっていたこと。信じがたい事実を前に、ミジャはたった一人絶望の中で必死に目を懲らしていく。 これは彼女が言葉を失っていく恐怖にさらされつつ、消えていったアグネスの心に寄り添いながら、一篇の「詩」に辿り着くまでの魂の旅路だ。