このページでは、韓国映画「寄生霊」に関する情報を紹介しています。

2011年 韓国映画「寄生霊」 監督・演出:コ・ソクジン

  • あらすじ:恐ろしいまじないによって生まれた子供をめぐる様々な事件・・・。子供を切望するカヒ(ファン・ジヒョン)は、他人の子を甕(かめ)の中に閉じ込め、封印するという恐ろしいまじないを巫女に依頼する。その後、ほどなくカヒは男の子を授かり、ビン(イ・ヒョンソク)と名付けるが、その後彼女は残酷な死を遂げる。身寄りのないビンの面倒を見るため、ソニ(ハン・ウンジョン)と夫チャン・ファン(パク・ソンミン)、妹ユリン(ヒョミン)がビンと暮らすことになった。ビンを不憫に思うソニだったが、ビンの異常な行動を目にし、次第に悪夢にうなされるようになる・・・