このページでは、韓国映画「幸せを運ぶ友」に関する情報を紹介しています。

2010年 韓国映画「幸せを運ぶ友」 監督・演出:ソン・ジョンウ

  • あらすじ:証券会社に勤めているファン・ウジン(キム・テウ)課長はリストラの候補に挙がっていた。しかもウジンには多額の借金があり、昏睡状態の父親の入院費まで工面しなければならなかった。そんなある日、自分を慕ってくれた後輩が大きな契約を取り付けてきた。そのお祝いでウジンも祝杯の席に参加することなるが、後輩と上司がウジンを追い出そうとしていることを知ってしまう。絶望に打ちひしがれるウジンの前に現れたのは子供からの友人チョンフン(パク・ソンウン)であった。久々にあった二人は酒を飲みながら昔話に花を咲かせていた。そのうちウジンは自分のあったひどい仕打ちを話し後輩を殺したいとチョンフンに話すのであった・・・