このページでは、韓国ドラマ「王女の男」に関する情報を紹介しています。

2011年 韓国ドラマ「王女の男」 監督・演出:キム・ジョンミン、パク・ヒョンソク

  • あらすじ:朝鮮王第5代文宗(ムンジョン)(チョン・ドンファン)の治世。密かに王権簒奪を狙う文宗の弟、首(ス)陽(ヤン)大君(テグン)(キム・ヨンチョル)は、政略結婚を企み、文宗の腹心の部下であるキム・ジョンソ(イ・スンジェ)に、娘のセリョン(ムン・チェウォン)を彼の末息子、スンユ(パク・シフ)に嫁がせたいと、縁談を持ちかける。スンユは、王族の教育機関に勤める新入りの講師。文宗の娘、敬(キョン)恵(へ)王女(ホン・スヒョン)の講義を担当することになった。しかし、王女とセリョンはいとこ同士。自分の縁談を知ったセリョンは、相手のスンユがどんな人物か確かめるため、王女に成り代わってスンユの講義を受ける。ある日、暴走する馬に乗ったセリョンを偶然見かけて救い出したスンユは、彼女の無茶な振る舞いを諌めながらもその奔放さに魅かれていく・・・