このページでは、韓国映画「痛み」に関する情報を紹介しています。

2011年 韓国映画「痛み」 監督・演出:クァク・キョンテク

  • あらすじ:幼い頃の交通事故で家族を一度に失い、事故の後遺症で痛みを感じなくなった男ナムスンは借金の取り立てをしながら、毎日を無気力に生きていた。そんなある日、ナムスンは取り立て先でドンヒョンという女と出会う。ドンヒョンは道端で手作りのアクセサリーを売って、死んだ父親の借金を返していた。ナムスンの脅しにも怖じ気づくことなく、逆に喰ってかかるドンヒョンに不思議な感情を抱き始めるナムスン。一方、ドンヒョンもいつも傷だらけのナムスンを痛々しい思いで見つめるようになる・・・