このページでは、韓国映画「神弓」に関する情報を紹介しています。

2011年 韓国映画「神弓」 監督・演出:キム・ハンミン

  • あらすじ:幼いころに国家反逆罪で捕えられた父を、目の前で殺された兄妹ナミ(パク・ヘイル)とジャイン(ムン・チェウォン)。なんとか追っ手から逃れた二人は、父の友人にかくまわれ、ひっそりと逃亡生活を送っていた。
    13年後、ようやく迎えたジャインの結婚式の当日、一番幸せな瞬間に、猛将ジュシンタ(リュ・スンリョン)率いる清の精鋭部隊の襲撃によって、ジャインと婚約者のソグン(キム・ムヨル)は捕虜として捕らわれてしまう。
    ナミは、父の形見である家宝の<神弓>を手に取り、10万の大軍が陣取る清軍の心臓部に向かってひとり突撃する・・・