このページでは、韓国映画「青い塩」に関する情報を紹介しています。

2011年 韓国映画「青い塩」 監督・演出:イ・ヒョンスン

  • あらすじ:ソウルの伝説的な闇組織のボスだったドゥホン(ソン・ガンホ)は、ヤクザの世界から足を洗い、母の故郷プサンに戻ってレストランを開いて穏やかに暮らそうとしていた。通い始めた料理教室で、セビン(シン・セギョン)と出会う。一見、普通の少女に見えるセビンは、かつて優秀なライフル競技の射撃選手だったが、ある事件がきっかけで闇組織の便利屋となり、ドゥホンの動向を探るために近付いていた。無愛想な態度とは裏腹に、優しい手料理をふるまうセビンを見守るドゥホン。ドゥホンの温かい人柄に触れ、戸惑うセビン。少しずつ距離が近づいていく二人だったが、ついにセビンはドゥホンを殺すように命じられる・・・