このページでは、韓国映画「カンチョリ」に関する情報を紹介しています。

2013年10月2日韓国封切 韓国映画「カンチョリ~オカンがくれた明日」 監督・演出:アン・グォンテ 108分

韓国映画「カンチョリ」のポスター画像
  • あらすじ:ぶっきらぼうだが情に厚いカン・チョル ― 通称 カンチョリ(ユ・アイン)は、病気で認知症の母スニさん(キム・ヘスク)と二人暮らし。
    お金もコネも夢もないが、母の面倒を見ながら釜山港で黙々と働き、一日一日を懸命に生きてきた。
    一方のスニさんは息子を“あなた"と呼び、時には警察から呼び出されるなど、その予測不能な行動に振り回されながらも、どこか憎めない。
    そんな母と少しでも長く一緒に暮らすことが唯一の望みのカンチョリは、高い手術費を工面しようと必死だ。
    ある日、釜山旅行でスジ(チョン・ユミ)と出会ったカンチョリは本音で話す彼女に惹かれ、そして人生で初めて外の世界へ旅に出る夢を抱き始める・・・